読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もうひとつの季節

もうひとつの季節

もうひとつの季節

作家
保坂和志
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022573414
amazonで購入する

もうひとつの季節 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

borug

『季節の記憶』を読んでなくてもいいけど読んだ人へのオマケのような感じもあって良かった。挿絵がすごくかわいい。

2015/07/25

ゑこびす

『季節の記憶』の続編はいらないかも?終盤が保坂さんらしくないかも?『「私」という演算』と表裏なのは納得。

2013/01/06

10416

ちょっと今の自分には理解不能でした。なんのことだかさっぱりでした(^^;また読書脳つけて出直します。。。

2012/03/15

船禊ウメ

季節の記憶の続編。ストーリーで読ませる本ではないが、彼らのなんでもないような日々と、それに絡んだ思索が心地良い。クイちゃんが成長してやがて中野と松井家の関係性が変化することを想像すると、描かれた日々はキラキラしたとても素敵な時間に見えた。

2018/03/16

感想・レビューをもっと見る