読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

郵便的不安たち

郵便的不安たち

郵便的不安たち

作家
東浩紀
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022574046
amazonで購入する

郵便的不安たち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

著者の20年前の細かい仕事を纏めた評論、エッセイ、講演集です。著者の原点が分かる、というよりも、著者が現在発信していることがそのまま明らかにされているといった印象を持ちました。例えば、「セカイからもっと近くに」で論じられている新井素子のパートの着想は、該当箇所もアイデアの同一の形で紹介されています。さらには、先日「群像」で加藤典洋と対談されていた内容が、もっと明快な形で論じられている文章が冒頭にあったことは驚きでした。それは、批評とは何かについて書かれた文章です。そこでは、西田幾多郎の哲学の文章は分かりに

2017/11/13

はすのこ

この頃の東さんはハイパー賢い。オタク路線をひた走る東さんはスーパー賢い。今の東さんは...只の賢者...ですね。

2016/03/26

サイバーパンツ

あずまん賢い。面白い。今やすっかりご隠居された感のあるあずまんだが、この頃は、デリダにも、エヴァにも、文芸批評にも、批評論壇にも、全部マジで熱い。アスカ対談みたいなネタを入れつつも、全体的にベタなあずまんが見られて、大変満足。

2016/08/03

oz

初読。面白すぎて一発で東さんのファンに。1991年の論壇デビュー作から1999年までに各方面で発表した批評・論文・講演・対話を収録した大部の本。多様なジャンルへの発言から著者の思考にランダムアクセスできる。『存在論的、郵便的~』を含め読みたい本が一気に増えてしまった。そっかあ、柄谷さん好きなんですね。

2009/09/27

HOME CUT

東氏は、ちょっと大きな郵便局になれたかも

2009/08/30

感想・レビューをもっと見る