読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

開陽丸、北へ―徳川海軍の興亡

開陽丸、北へ―徳川海軍の興亡

開陽丸、北へ―徳川海軍の興亡

作家
安部龍太郎
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022574503
amazonで購入する

開陽丸、北へ―徳川海軍の興亡 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アメシスト

榎本武揚とともにオランダに留学、開陽丸艦長として北海道に向かった沢太郎左衛門。最初に地図が掲載されていたのが有難かった。彼らが当時30代前半で数々の決断や交渉を進めていったことに驚きます。明治維新は歴史の授業では肯定的に教えられ、薩長は近代化の功労者と信じてきたが、そうでもないらしい。富子さんの人生もなかなか凄い。

2016/06/02

感想・レビューをもっと見る