読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東海道書遊五十三次

東海道書遊五十三次

東海道書遊五十三次

作家
種村季弘
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022576101
amazonで購入する

東海道書遊五十三次 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ArenasR

新聞連載として、東海道の各所が登場する書物(ただし『東海道中膝栗毛』以外)をひもときながら、そこにたくましく生きる人びとの姿を描く、って感じでしょうか。いや本の紹介でもあり(ぎょうさん読みたい本ができてもうた。勝小吉『夢酔独言』はとっとと読んでもうた...)、その著者の紹介でもあり、とにかく好奇心がちくちく刺激されて忙しい。しかし、わりと俠客・無頼系の話題が多い気がするのはやはり種村先生の好みでしょうねぇ。わたしはまずはお堅い旅人系のほうから攻めてみたい。

2016/09/18

EnJoeToh

読み返し。

2014/08/28

猫風船

タネラムネラ先生が、東海道を漫遊しつつ、古今の名著(&迷著)を紹介してくれる本。そこらの書評本なんかとは一線を画しております、素晴らしい。河村北溟「断食絶食実験譚」なんか読んでみたいなあ。

感想・レビューをもっと見る