読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三谷幸喜のありふれた生活2―怒濤の厄年

三谷幸喜のありふれた生活2―怒濤の厄年

三谷幸喜のありふれた生活2―怒濤の厄年

作家
三谷幸喜
出版社
朝日新聞社
発売日
2003-04-16
ISBN
9784022578365
amazonで購入する

三谷幸喜のありふれた生活2―怒濤の厄年 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

れみ

三谷幸喜さんのエッセイ第2弾。この辺り、見ていたドラマの話とか、覚えている出来事が出てきて、ちょっと懐かしい感じ。伊藤俊人さんが亡くなられたとき、この間テレビに出てたのに!とすごくびっくりしたのを思い出した。1回分は短いけどエピソードとしては数回分が繋がっているからか、どんどん読めた。前に観た三谷さんのお芝居ではこの本に登場する浅野和之さんが1人11役を演じていらっしゃり、今回このエッセイを読んで三谷さんが浅野さんに寄せる並々ならぬ信頼があってこそだったんだなあと改めて思った。

2015/02/08

抹茶モナカ

朝日新聞で連載された三谷幸喜さんのコラム。軽めの文章で、手頃に読める本を、という自分の選択基準から、手に取った。もう10年以上前の本だから、当時の三谷さんは厄年で、今の僕より年下なのだけれど、忙しそうに多くの仕事に携わっておられた。本厄の三谷さんを、演出する舞台の俳優の交代や、仲間の死等、次々、事件が続くけれど、それを乗り越えて行く筆致も、コラムのせいか、人柄か、軽やかに書かれていて、読みやすい。一緒に仕事をしている喜劇仲間や俳優の話題が多く、時折、家族のネタが出る感じ。周囲の方への愛情が深い人のようだ。

2018/11/05

りんごのほっぺ

三谷さんのエッセー。何気におもしろい!

2012/10/12

hime

奥様の携帯の留守電にメッセージ吹き込んだつもりが、なぜか戸田恵子さんの携帯だった(゜ロ゜)のお話が一番気に入っています。(疲れているであろうと奥様を気遣って、夕食は三谷さんが作ると申し出た内容)戸田さんの留守電返し?の返答のセンスも面白くて、こういう時、真面目に受けて返してしまう自分とつい比較してしまいました(笑)

2013/11/13

くらげ@

(☆☆☆)2001-2002年のエッセイ。舞台開演直前に役者が急病で変わってしまったり、お母さまが倒れたりと大変な一年。そして猫が加わって・・。濃い一年でしたね、お疲れさまでした。10年以上前のことですが(笑)。

2015/11/22

感想・レビューをもっと見る