読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

繋がれた明日

繋がれた明日

繋がれた明日

作家
真保裕一
出版社
朝日新聞社
発売日
2003-05-17
ISBN
9784022578389
amazonで購入する

繋がれた明日 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yuna Ioki☆メディアミックス祭参加中。

故意であろうがなかろうが犯罪は加害者被害者当人たちだけでなく、身近な人々を不幸の連鎖に巻き込んでいく。特に加害者は罪を償った後にも社会的な信用含めて真の自由になれる時はこないのだろう。それでも保護司の大室や黛社長、被害者の身近な人間であるはずの薮内その他色々な味方の居る隆太はまだましなのかもしれない。ラストの隆太の為に集まってくれた人々の優しさに救いを見出だせたので内容の割りには読了感はさわやか。

2013/12/23

かよぴー

罪と罰をテーマにした話。主人公のひねくれた性格にイラつきながらも、ハラハラさせられ 被害者側の「なんで、のうのうと生活出来るの?」にも頷きながら読了。両方の言い分があるよなと。

2015/11/14

湖球

派手なアクションもどんでん返しもそして登場人物にさえ華が無い。まるでストーリーが表舞台に出ることも拒むように!そして静けさの中で語られる言葉が響きという力も持って心を突き刺す。殺人-6年間の服役-仮出所という法制度のフィルターを通過して犯罪者、被害者の心理は収束か加速か?恐ろしいほどに生々しい両者の本音が文中に散りばめられている。現代社会、被害者にも加害者にも成り得る機会は紙一重、表裏一体。善悪は別に双方の立場を考えるいい参考になった。保護司の仕事に感動。蛇足、殺人の動機--誰でもいいから刺した???

2017/01/25

ミーママ

図書館の本。 重いテーマ!被害者家族も加害者家族 どちらも辛い。 なんて表現していいのかわからないけど、読んで良かった。

2017/09/17

pulpo8

ケースワーカーになる時これを読んで感想だか論文だかを書けと宿題を出されたらしい…その人からの借り本。小説としては微妙。推進力はある、気になる言葉もあるはある。ただ、まず文章が拙い(比喩が変、情景が浮かんでこない)。隆太が三上を殺したけど相手が先に手を出したから反省できないと繰り返すのだが、その殺人の経緯が表面だけ描かれるので、隆太の苦悩がよく分からない。そしてそんな重要な部分が欠落したまま進む内容は、ずっと宙に浮いている気がする。隆太の言葉も読みごたえありの大室vs晴枝の言葉も作者の言葉にしか聞こえない。

2018/06/24

感想・レビューをもっと見る