読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヨーロッパの街から村へ

ヨーロッパの街から村へ

ヨーロッパの街から村へ

作家
安野光雅
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022586582
amazonで購入する

ヨーロッパの街から村へ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ネトマヨ

とてもいいです。描かれている人の顔は見えませんが、とても雄弁です。建物も緑もいいなぁ。段々畑のある日本の農村を描いて欲しいなぁ。既に描いてるのかなぁ。絵が描けるっていいですな。この本、買っちゃおうかな。あ、図書館本ですってことわってレビュー書くのがエチケットっすかね。

2018/11/29

よし

これらの絵が毎月、週間朝日の表紙の飾っていたということで、安野さんの健脚、活力に驚かされながら頁をめくりましたし、読み終わると、ヨーロッパの風景とその風景に寄せたエッセイが一体となって心に残っていることに気付きました。東山魁夷が描いたヨーロッパの絵には人が一人もいくて、精神が研ぎ澄まされるような美しさを感じますが、安野さんのほとんどの絵には誰かが動き回っていて、自分もその中に紛れ込みたくなるような魅力を感じます。どちらも大好きな絵描きさんです。

2011/05/29

感想・レビューをもっと見る