読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おたからサザエさん 4巻

おたからサザエさん 4巻

おたからサザエさん 4巻

作家
長谷川町子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-04-20
ISBN
9784022589644
amazonで購入する

おたからサザエさん 4巻 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

当時の時事ネタも興味深いけれど、アニメ版とはちょっと違ったキャラクター達のエピソードも面白い。波平は厳格なイメージがあるが、火事見物が好きらしく、消防車のサイレンが鳴ると家を飛び出すネタが、なんと2本もある。あと、波平の双子の兄も登場する。双子だから顔がそっくりなのだが、波平と兄の違いは、髪の毛の量。兄は毛が2本あるのだ。

2018/06/19

ごへいもち

後期のアニメでは良い子の代表みたいなワカメちゃん。漫画ではなかなかナチュラルですw

2018/09/15

遠い日

昭和32年から昭和37年までの、単行本未収録作品。この頃になると、ちょっと人々の暮らしも落ち着き、戦争の影も直接的には感じられない。市井の人々の暮らしの中から拾い上げたユーモア、時事ネタでの笑い、安心して読める内容だ。

2018/06/19

Gen Kato

ポール・アンカにイブ・モンタン、フラフープ。そのときどきの流行がわかっておもしろい。原作のワカメちゃんは最高に可愛いな。

2018/04/23

shonborism

昭和30年代になると初期からだいぶタッチが変わっている。

2018/04/20

感想・レビューをもっと見る