読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

日本の道教遺跡を歩く―陰陽道・修験道のルーツもここにあった (朝日選書)

日本の道教遺跡を歩く―陰陽道・修験道のルーツもここにあった (朝日選書)

日本の道教遺跡を歩く―陰陽道・修験道のルーツもここにあった (朝日選書)

作家
福永光司
千田 稔
高橋徹
出版社
朝日新聞社
発売日
2003-10-11
ISBN
9784022598370
amazonで購入する

日本の道教遺跡を歩く―陰陽道・修験道のルーツもここにあった (朝日選書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Seizou Ikeda

子供の頃、祖母と参った寺で聞いた極楽、地獄の話や、鬼の話、お盆に先祖が帰ってくるなど、いとも不思議な話、桃太郎や浦島子の話など、さては大安吉日、占いなど、到底信じがたい風習が今に残っているのは何故かとの問いがいつも心中にあったが、それらは伝来時にすでに道教化した仏教を日本が受け入れたのだと気づかされた。日本国を作った天武天皇が道教を熱心に信奉したなど、古代史に別の見方をしている点でも、興味が持てる本である。

2012/12/30

love_child_kyoto

学者の文章は読み辛い

2010/11/27

感想・レビューをもっと見る