読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

底のぬけた柄杓―憂愁の俳人たち (朝日文庫 よ 1-8)

底のぬけた柄杓―憂愁の俳人たち (朝日文庫 よ 1-8)

底のぬけた柄杓―憂愁の俳人たち (朝日文庫 よ 1-8)

作家
吉屋信子
出版社
朝日新聞社出版局
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022601988
amazonで購入する

ジャンル

底のぬけた柄杓―憂愁の俳人たち (朝日文庫 よ 1-8) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カツェ

杉田久女、富田木歩、岡本松浜、渡辺つゆ、尾崎放哉、高橋鏡太郎、安藤赤舟・林蟲、岡崎えん、石島雉子郎、村上鬼城。吉屋信子が惹かれる俳人の人生はことごとくドラマがすぎる。俳人ってボクサーみたいだと思ってみたり。特に、冒頭の杉田久女がここまで自己顕示欲の強い人だとは。尾崎放哉が薄味に思えるくらい、他の俳人たちの生涯も濃い。客観に徹するのではない、吉屋信子の俳人たちへの寄り添う塩梅もとてもいい。

2012/02/10

感想・レビューをもっと見る