読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

海峡を越えたホームラン―祖国という名の異文化 (朝日文庫)

海峡を越えたホームラン―祖国という名の異文化 (朝日文庫)

海峡を越えたホームラン―祖国という名の異文化 (朝日文庫)

作家
関川夏央
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022605146
amazonで購入する

海峡を越えたホームラン―祖国という名の異文化 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

lovekorea

在日コリアンの抱えている問題の半分以上は『二重国籍』を認めることで解決するような気もしてきますが、それはともかく。 異文化突入であるにもかかわらず、帰郷でもあるというなかなか複雑な体験を、複数の登場人物たちから垣間見ることができます。 80年代の話なので令和とはかなり事情が異なりますが、本当に興味深い本でした。

2020/11/23

感想・レビューをもっと見る