読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生きものの世界への疑問 (朝日文庫)

生きものの世界への疑問 (朝日文庫)

生きものの世界への疑問 (朝日文庫)

作家
日高敏隆
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022606587
amazonで購入する

生きものの世界への疑問 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

AICHAN

「なぜこんなにいろいろなもの(地球上の生物)がいなくてはならないのだろうか」。その疑問に対し進化論は変異と自然淘汰によると答えるが著者はその回答を全面的には受け入れない。なぜなら「何百という突然変異がいっぺんに起こらなければ別の新しい種はできあがらない」からだ。実際、種は強固な不変性を持っており、種の垣根を越えて別の種が誕生する確率はあり得ないほど小さい。それでも莫大な数の生物(種)が現に地球上にいることを著者は「不思議だ」と語る。生物学者としては言いにくい疑問を素直に打ち明ける著者に共感した。

2012/05/17

1977年から

1998年

感想・レビューをもっと見る