読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いじわるばあさん (3)

いじわるばあさん (3)

いじわるばあさん (3)

作家
長谷川町子
出版社
朝日新聞社
発売日
1995-10-01
ISBN
9784022609984
amazonで購入する

いじわるばあさん (3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

(*>∀<)ノ))★

いじわるばあさんの『思い出の記』収録。

2016/03/12

桜餅伊勢子

子供の頃、アニメで見た。漫画は、初めてである。お店で読んだので大声を出して笑えないが、ばあさんのブラックっぷりは笑える。

2020/06/28

タリホー

いじわるばあさんの娘時代と結婚生活を描いた「思い出の記」収録の3巻。予想通りというか、当然というか、全然おしとやかじゃない。安保闘争の際の扮装など新聞掲載当時の世相を反映した描写も有り。青島幸男主演で映像化した事に対する作者の思いが表れた四コマもあってなかなか興味深かった。

2016/02/14

erio20170122

表紙の通り。どんな場面でも出来る最高のパフォーマンスで他人を悩ませる。有り余るエネルギーは他人の恨みつらみを消化吸収して出来上がったのでは?どうしてこういう性格になったのかを検証できそうな若かりし頃のお石さんの話もあり、作者の話もあり、読み応えたっぷりの豪華な1冊。殆ど犯罪の強烈な意地悪もあれば、仕返しを受けることもあり、嫌われ過ぎて寂しい思いをする事もたまにはあり、動物には優しい一面もあり…人間は生きていればあらゆる体験をし、あらゆる感情を味わう。ギャグでわかる人間の入門書。自分の人生は平凡すぎるな。

2020/10/23

獣狼ZAKI

匿名での話は実際のイタズラで利用したいが後が怖いのでやらんけど医者ならあるある?フランスパンとはいえ、無理です。芋虫ヤメテヤメテヤメテ。

2014/01/12

感想・レビューをもっと見る