読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

野獣系でいこう!! (朝日文庫)

野獣系でいこう!! (朝日文庫)

野獣系でいこう!! (朝日文庫)

作家
宮台真司
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022613585
amazonで購入する

野獣系でいこう!! (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はすのこ

超広範囲の対談集。宮台真司という生き物の生態がよく分かる1冊でもある。師匠である小室直樹氏との対談のみ敬語なのが面白い。

2016/02/06

tobe

★★表紙が攻めている。宮台本の中ではハマれないほうだった。

2016/03/12

tk

表紙がエロ過ぎる。そして十年以上経った本なのに、鮮度がほとんど失われていない。

2013/01/04

aimiya121

宮台真司がどうしてあんなにも合理的にものを考える事が出来るのか。それは、彼が「非合理」な動機に突き動かされているから。性の問題から教育、学問、サブカルなど、とてつもなく幅広い範囲の話をできるこの教養の幅に感動した。

2013/01/04

ニールキャサディ

社会学者宮台真司の対談集。久しぶりに、宮台の本を読んだが、サブカルチャー神話解体からこの時代ぐらいまでの著作が良いように思う。近代主義者で、合理的に物事を考えており、内容に反論するところはない。今でもこの本が有効性を失っていないことが、日本社会の変革が遅々として進んでいない証となっている。

2012/08/08

感想・レビューをもっと見る