読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

立花隆・100億年の旅 (朝日文庫)

立花隆・100億年の旅 (朝日文庫)

立花隆・100億年の旅 (朝日文庫)

作家
立花隆
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022613677
amazonで購入する

立花隆・100億年の旅 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Masayuki Nakanishi

(318ページ) こうして、バーチャルリアリティは、ますますリアリティーに近づいていく。やがて、バーチャルリアリティとリアリティの境界問題は哲学的にしか残らないという日がくるだろう。

2011/08/21

Hisashi Tokunaga

再読メモ;眼球はたえず微振動している。このディジタルな知覚作用をヒトは連続性として転換認識する。ヒトとロボットとの差異性は重要なようだ。(2018記) ”サッカーロボットのワールドカップ”より浅田稔氏発言「ロボットは自分の立場から、自分に与えられたタスクとの関連において世界を自分の目的に合わせて分節化して見ることが必要だということです。・・・」(p161)なるほど!だから佐助は見てはならないことがタスクなのだ。

2018/12/01

感想・レビューをもっと見る