読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

自由訳 老子 (朝日文庫)

自由訳 老子 (朝日文庫)

自由訳 老子 (朝日文庫)

作家
新井満
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-09-04
ISBN
9784022616203
amazonで購入する

自由訳 老子 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パッチ

「老子」の哲学を、自ら「自由訳」と呼ぶくらいに、平易な単語を選び、やわらかな話し言葉で綴っている。詩のような哲学書である。老子は、「水のように生きろ」と言っているように読み取れる。そして私にとって老子の言葉は、とてもやさしく、穏やかであり、日々のストレスやプレッシャーから身を守る言葉のバリアにもなってくれる。

2012/05/26

k

「天と地と大河をお手本に 無為にして無心に生きる」。眠れない夜に何となく再読。詩集を読むような感覚で、老子の世界にふれられる1冊。

2012/08/20

にーな

老子の前半は「道」に、後半は「徳」について書かれている

2018/05/10

感想・レビューをもっと見る