読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

老いの超え方 (朝日文庫)

老いの超え方 (朝日文庫)

老いの超え方 (朝日文庫)

作家
吉本隆明
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-08-07
ISBN
9784022616401
amazonで購入する

老いの超え方 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

i-miya

201304.21(初読)吉本隆明著。 2013.04.21 (カバー) 誰にも訪れる年齢による病と衰え。 自らの身体の衰えを徹底的に分析、身体・社会思想・死、「超人間」=老人を語り尽くす。 日日の吉本式体操法と道具、紹介。 (吉本隆明) 1924、東京月島生まれ。 詩人。 2003、『夏目漱石を読む』で小林秀雄賞。 (略年譜) (口絵) 紙おむつ=眠っているとき、どうしても漏れてしまう、これしか防ぎようがありません。 抗カビ剤。 拡大鏡で読む。 止まらない語り。 テレビを見る。 老いを超える。 (あとが

2013/04/21

i-miya

201304.26(つづき)吉本隆明著。 2013.04.26 第一部、身体。 その一.身体編。 老いとは、医学的、または常識的な定義からすれば、衰えること、いろんな機能が、とあります、それはよくわかるんです。 ただ、身体が鈍くなること、に対し、根本的な異論がありまして、それ以外の考え方ができないだろうか、と。 糖尿病眼筋マヒ、と呼ばれる症状、があります、上瞼が黙っていても、下に降りてくる。 

2013/04/26

i-miya

201304.28(つづき)吉本隆明著。 2013.04.27 ◎意識することと、行動することを自分の中で分離してあればいい。 第2章、精神。 ◎不断の持続性が欠けているとやはり衰える。 確かなものになる判断力や総合力。 記銘力の低下。 聞いたことをすぐ忘れる、同じことを何回も繰り返ししゃべる、尋ねる。人格-頑固、利己的、愚痴っぽい、疑り深い。 諦め、依存的、短期。 健康が大事。 修練を持続的にやること、ある意味、進歩する。 

2013/04/28

i-miya

201305.02(つづき)吉本隆明著。 2013.05.01 「類体論」という理論、数学者、高木貞治。 ◎反省力、若い頃より増大する。 第3章、生活。 ◎いざ歩き出すには、歩こうと意識してから時間的にも大きな隔たりがある。 10-15分歩くだけで十分くたびれるし、達成感はある。 風呂も入るとくたびれる。 食事はかなりな程度楽しみです。 スイス、どんなハードな手術をしても、身体機能のリハビリへは、すぐに取り掛かる。 

2013/05/02

i-miya

201304.23(つづき)吉本隆明著。 2013.04.23 (あとがき) 身体の運動性が鈍くなるとともに、精神現象が身体に内向してくる。 それまで、病気や怪我のときしか身体の事には思いはいかなかったものがである。 老齢の自意識。 まるで少年が初めてのことにぶつかったように、、まだ<考えること>が存在している。 ばかげたことに精力をさいていると思うに違いない。 自分の身体を素材に考古学をしている。 幸いに先行する170cmの研究は、あまたある。 

2013/04/23

感想・レビューをもっと見る