読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぬるい生活 (朝日文庫)

ぬるい生活 (朝日文庫)

ぬるい生活 (朝日文庫)

作家
群ようこ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-02-05
ISBN
9784022616555
amazonで購入する

ぬるい生活 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

初雪ハロー

一気に読了しました✌️

2019/01/24

扉のこちら側

2018年331冊め。漢方についてのエッセイと聞いていたが、それについてはさほどページは割かれていない。更年期障害についてがほとんど。ついつい若いままの気分でいてしまうが、身体は年を取っていくのだと気づかないといけない。特に印象的なのは著者を姉と呼んで慕っていた鷺沢萠氏が亡くなった時のエピソード。

2018/07/16

ゆのん

老いや健康に関するエッセイ。ある朝、鏡を見て『えっ?誰??』と思わず呟いてしまう・・おばさんでは無くおじさんになっている事実に愕然とする・・。不老不死とまでは言わないまでもいつまでも若く健康で居たいのは皆共通の願いだろう。他人事ではないのに群さんの文章が面白く爆笑しながら読んだ。読了後に『ふっ』と溜息とも失笑ともつかないものが漏れてしまった。いつまでも若く健康であるために私も努力しないとかぁと1人呟いてしまった。

2018/06/18

もりやまたけよし

更年期になったらやってくるいろんなあるあるネタのエッセイでした。「気」の体験とか、「除霊」体験など興味深いものも混ぜ混ぜしてありました。それにしても、老眼で読みたい本が読めなくなるくだり、ショックでした。年取ると本が読めなくなるなんて、残酷すぎます。

2017/05/16

mariya926

新着図書での紹介で、私のぬるさも許してもらえるような気がして読みましたが、思っていた内容とちょっと違いました。「かもめ食堂」の作家さんですが2006年の時点で50歳なんですね。内容のほとんどが更年期障害と老いについて語られていたので、つい母を思い浮かべながら読みましたが、母の更年期時代の方が若さを感じれました。歳をとるとこうなるんだなということが実感させられる内容でした。今から運動を続けて若さを維持しないとですね。

2017/01/23

感想・レビューをもっと見る