読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

坊さんは、葬式などあげなかった (朝日文庫)

坊さんは、葬式などあげなかった (朝日文庫)

坊さんは、葬式などあげなかった (朝日文庫)

作家
島田裕巳
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-06-04
ISBN
9784022616746
amazonで購入する

坊さんは、葬式などあげなかった (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ラウリスタ~

ささっと立ち読み。日本はクリスマスも祝うし、神社にもお寺にも行くし宗教的に変なところだ! という変なコンプレックスは持たなくてもいいって話。そういえばエジプトでも最近はクリスマス商戦が盛んだそうですし、みんなお祭りが好きなんですね。

2010/08/27

櫛部晃季

仏教関係かと思いきや、三大宗教に対する一般的な認識に対して疑問や否定を提示している。なので三大宗教と云う表現に対しても否定的な表現。まあ本著の趣旨が『疑問を呈する』との事なので全編通してあらゆる事柄に対して否定的な意見が羅列されているのだけれども、正直身にならない。同種のタイトルでは最近読んだ「ひろさちや」の方が圧倒的に面白いし、理解して身になる物が多い。でも、拾い上げていけば面白い事も少なからず書かれているので、古本屋で見かけたら立ち読みしてみるのをお勧めできる。

2012/10/25

100分

予想に反してかなり学問的な内容でした

2010/08/15

imaoka

宗教に関しての断片的な知識が身に付いた。もっと深く体系的にも知ってみたい。

2014/08/12

相対的に宗教を述べるという、あまり見たことの無い立ち位置。珍しいが、ちょっと食い足りないか。

2010/12/26

感想・レビューをもっと見る