読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロンドンで学んだ女性の向上心 (朝日文庫)

ロンドンで学んだ女性の向上心 (朝日文庫)

ロンドンで学んだ女性の向上心 (朝日文庫)

作家
井形慶子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2012-05-08
ISBN
9784022617231
amazonで購入する Kindle版を購入する

ロンドンで学んだ女性の向上心 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

><

初版2012年。井形さんの溢れるエネルギーにたくさん触れ、読後はすっきり!しゃっきり!自分もがんばろうと思える一冊。「日常生活すべてが勉強の場」という章は、特に具体例もわかりやすく、なるほどなっと共感。「何をしてても、どこにいても、自分のアンテナに引っかかったものを自分の血肉に変えよう」「人生は一度きり」「経験したことは全て将来につながる」という姿勢には、全くブレがない。本当に清々しくてかっこいい。「今の状態をキープしながら、プラスアルファしていく」「維持・継続が大切」ということも書かれていました。

2014/11/20

雨巫女。

《私‐図書館》タイトルが、違うけど『女性の向上心』を加筆した作品。バイタリティーのかたまりの作者は、すごいなあ。

2013/05/28

niaruni

自分のことを綴るのは、なかなかに難しい。女であるためにビジネスで損をしたことは一度もない、と作者は言い切るけれど、それはとりもなおさず女を意識して仕事をしてきた、ということだと思う。そのあたりに時代を感じるなあ。でも、仕事とは時間と労力を提供して対価を得ること、と言い切るあたりはバブル世代や自分捜し世代にも学んでほしい気も。そう、仕事で自己実現、とか自分を表現なんて、よっぽど頑張るか運がよくなけりゃ絵に描いた餅なのです。

2012/05/26

チューダー

あまりこういうエッセイは読まないんだけど、ロンドンと向上心という言葉に惹かれて読んでみた。。あまりロンドンの話出てこないんだけど。ほとんどが著者の体験談。井形さんの伝記が読みたいわけじゃないし。。働く女性にとって少し役に立つかな、とは思うが、当たり前のことか、極論かのどっちかだと思う。ミスチョイスでした。

2014/09/04

ダナヲ

これはさすがに真似っ子できないなあと言い訳がましく思ってしまう自分を発見したり、途中どきりとする言葉に出会ったり。このバイタリティすごい…好きなものを仕事にしていくシンプルな考え方とそれを続ける覚悟、力。後半は特にはっとする言葉や行間があり、若いうちに読んどけばよかったかな、とこれまた後ろ向き感想。だめ!

2012/08/30

感想・レビューをもっと見る