読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ツレはパパ3年生 (朝日文庫)

ツレはパパ3年生 (朝日文庫)

ツレはパパ3年生 (朝日文庫)

作家
細川貂々
出版社
朝日新聞出版
発売日
2012-12-07
ISBN
9784022617439
amazonで購入する

ツレはパパ3年生 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

月子

うちも成長が遅いので、また検診で引っかからないかちょっと心配。 早くママって呼ばれたいな◎ でも、うちでは誰も自分のことをママと呼ばないけど、それでもちゃんとわかるのかな?

2015/02/06

ひなた

パパさんがメインで子育てされている家族のコミックエッセイ、シリーズ第3弾です。子供の成長ってすごいのね。本当に脳ミソがスポンジみたいで、吸収が早い。2巻では、パパが子離れできるか心配だったけど、週1保育園デビューもできて、親子で成長してますね。面白かったです。

2015/02/12

雨巫女。

《私‐図書館》ちとちゃんが、大きくなったなあ。偏食し、落ち着かないところ、小さい頃の私みたい。音楽好きみたいね。ちとちゃん。

2013/05/08

3939タスタク

『魔の二歳児』という言葉があるくらい、この時期の子供って悪い事を覚えるんですよねぇ…。ちなみに我が家の息子達(双子)は、部屋のガラス戸を二人で協力して倒し、ヘラヘラ笑って遊んでました。もちろんガラスは割れてしまい、あわてて割れないアクリル板に入替ました。怪我が無かった事が幸いでしたが、油断も隙も無い時期かと思います。ちーと君同様うちの子供も偏食ぎみだったので、食事には苦労しました。そう云えば、鮭ご飯にハマった時期に何故か頭が鮭臭かった事を思い出しました。

2013/03/02

みかん@道北民

図書館にありました。勝手によその家でご飯を食べていた貂々さんに笑っちゃいました。そして音楽に興味津々なのはどうやらパパの方の血か?やっぱり親子だなとかいま見えるのがほほえましい。しかし保健所の検診や病院の対応は仕方ないかもしれないけどなんだかなあと思ってしまう。

2014/12/26

感想・レビューをもっと見る