読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

賢く生きるより 辛抱強いバカになれ (朝日文庫)

賢く生きるより 辛抱強いバカになれ (朝日文庫)

賢く生きるより 辛抱強いバカになれ (朝日文庫)

作家
稲盛和夫
山中伸弥
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-03-07
ISBN
9784022618962
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

京セラ・KDDIを創業し、JALを再建した名経営者、稲盛和夫氏とノーベル賞受賞者、山中伸弥京大教授の異色対談集。理系出身、挫折を繰り返した半生、愛妻家など、意外な共通点を持つ二人の成功の原点は、すべて「失敗」からだった──。

賢く生きるより 辛抱強いバカになれ (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あすなろ

不運な時代があった稀代の2人は、運不運を忘れる程仕事をする。そんな京都賞から端を発した付き合いの2人の会談録は面白く示唆に富む。仕事とは、考え方・熱意・能力である。慇懃無礼で嫌いなJALのため、煙草が復活してもコンビニおにぎりに噛り付いても進める等。さあ、家に積んである稲盛さんのベストセラー 生き方を読む足がかりにしょう。

2017/05/21

佐島楓@勉強中

人生という長丁場をいかに息切れせずに歩き続けるか。私欲ではなく社会に還元するため働けるか。自分を顧みて恥じることばかりだった。

2017/03/29

さっちも

面白いけど、企業の上澄みの純粋培養物についての話のような気がして少し実感が持てなかった。今いる自分の社会がゲスいからか、どうなのだろう。実は山中教授とは仕事の関係でお会いしたい事がある、真面目で細かい人やなぁと印象。1%の妥協もしない二人の人間性が垣間見えて、自分の仕事観への甘さが痛感させられた。

2018/02/08

よし

科学技術や組織の経営、両者に求められる倫理などをテーマにした稲盛和夫さんと山中伸弥さんによる対談本。稲盛さんの京セラの立ち上げやJALの再建、山中さんのiPS細胞の発見をはじめ、それぞれの経験やこれから目指すものなど興味深く読みました。稲盛さんの「会社も組織もリーダーの器以上のものにはなりません。」も重い言葉です。

2018/01/07

gram1126

天才の領域★★★

2017/11/04

感想・レビューをもっと見る