読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか? (朝日文庫)

上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか? (朝日文庫)

上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか? (朝日文庫)

作家
上野千鶴子
小笠原文雄
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-06-07
ISBN
9784022619310
amazonで購入する Kindle版を購入する

上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか? (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Roko

見送る側の心構えとして家族に伝えることは「旅立つ本人の希望を聞き入れ、それがかなえられるように努力してください、そのために腹をくくってください」です。(本文より) 自分の最後をどうするか?これだけは譲れないということがあるのなら、もしもの時のために、今からちゃんと考えておかなければならない大事なことです。わたしは、不要な延命措置はお断りします。ただし痛いのは辛いので、痛み止めだけはお願いします。それでいいんじゃないかしら。上野さんと小笠原先生の会話に「人間らしい死」に対する救いが見えるような気がします。

2019/06/29

moco

さすがに読むのが早すぎた。あとうん十年生きなくてはならないのでね。そして、上野先生の安定の偏り(笑)選べるならガン死。さすが、ガン患者をたくさん見てきた先生だな。ALSや認知症の在宅看取りについては、ややまゆつば。65歳以上高齢者世帯の平均貯蓄が2,000万以上にびびった。平均って、まじか。

2018/12/05

ねええちゃんvol.2

★★★

2019/07/13

感想・レビューをもっと見る