読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

イタリア発イタリア着 (朝日文庫)

イタリア発イタリア着 (朝日文庫)

イタリア発イタリア着 (朝日文庫)

作家
内田洋子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-02-07
ISBN
9784022619556
amazonで購入する

イタリア発イタリア着 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

イタリアを題材にしたエッセイ集。内田さんはイタリアでの生活が長いので、すっかり現地の人の同化しているような印象を受ける。今回は内田さんが本拠地としているミラノのことのほかに、ナポリや港町のリグリアを訪れた際の紀行文。と言っても観光気分で書かれてはいないので、文章はちょっと硬め。北のミラノと南のナポリを比較すると、その民族性の違いがよく分かった。それと、イタリア人はアバウトな感じを持っていたが、とても真面目な人が多いことも表されている。内田さんにしか書けないディープなエッセイ集だった。

2019/03/13

ユメ

読み進めると、眼前にミラノやナポリの光景が広がってゆく。私はいちども踏んだことのない土地だ。思い描いた風景は、実際とはてんでかけ離れているかもしれない。けれど、手を伸ばせば触れられそうなほど、くっきりと見えてくるのだ。内田さんの紡ぐ文章には、そういう力がある。物語の行間のような、ナポリの細くうねる路地を抜けてゆくたび、かつてこの街に暮らした人、今ここで生きる人、そして遠い日本から訪れた内田さん、数多の人々の記憶が幾重に重なり合って立ち上がる。なんと豊かな物語か。この世界は十二分に興味深いと思い知らされる。

2019/03/03

ハルト

読了:◎ 内田さんの行動力には舌を巻く。イタリアを南から北へ縦横無尽に横断しながら、その土地その場所で出会った人々のささやかな人生のドラマをすくい上げていく。やさしくどこか切ないドラマたちが、イタリアを語ってくれる。それにしても六年も船に住むっていうのは、生半可な気持ちじゃできないよなと思う。ちょっとあこがれる。

2019/03/25

モビエイト

内田洋子さん初読みです。イタリアのナポリの日常、南北格差などが書かれており良かったです。単身でイタリアに渡る行動力はすごいと思いました。

2019/03/20

感想・レビューをもっと見る