読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

腹を割って話した 完全版 (朝日文庫)

腹を割って話した 完全版 (朝日文庫)

腹を割って話した 完全版 (朝日文庫)

作家
藤村忠寿
嬉野雅道
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-11-06
ISBN
9784022620293
amazonで購入する

腹を割って話した 完全版 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

瀧ながれ

おもしろい番組「水曜どうでしょう」を作ったおじさん二人が、思いつくままに語り合う。これ、大泉洋とミスター不在てとこがズルくない?と思います。この場で大泉洋に反論させないと不公平よ、と感じたポイントがいくつもありました。あんまり実はないなあと思いながら読んでたのですが、仕事についての意見に、まさに自分が考えていた通りの言葉があって、いや、でもさ、誰でもやれることじゃないんだよそれ、なんて意味のない文句をつぶやいてみたり…、わかってるよ、イイワケダヨ。ゆる〜く興味深い本でした。大泉洋のエッセイも読まねば。

2020/12/09

フク

新作待機。ものづくりにおける「したい!」「出したい!」という感覚は大事にしたい。

2021/01/06

Inzaghico

怪物番組『水曜どうでしょう』の制作側二人がひたすらしゃべっている本だ。二人とも間違いなく扱いにくい社員だ。ただ、確実に数字と結果を出すから、会社もやいのやいの言いにくいんだろう。二人は「コンプライアンス」全盛のこのご時世でも、まったく忖度しない。ミスターが初めて鳥取の町に降り立ったときに「シケた街だな~」と言ったシーンに対して、会社はさっそく「カットせよ」と言ってきた。だがヒゲ(藤村)に言わせれば「北海道から鳥取に初めて来た人間が、そこで初めて言った言葉であって、それ以上でもそれ以下でもない」と一刀両断。

2020/12/12

江藤はるは

いつもいつでも飛び出せるようにダイスのように転がっていたいから

2020/11/08

neigechampagne

400ページ近くに渡る、藤村Dと嬉野Dの対談集。最新作を見ながら並行で読んでいると、2人の声が聞こえてくるような気さえしてきます。24年もの間、同じコンテンツに携わる中で、やっぱり会社での立ち位置は色々あったようで。そして、テレビ全般のコンテンツ制作の仕方が変わってきていること。地方のローカル深夜番組がこれほどに愛され支持されていても、当人たちの肩に力が入っていないのがとてもかっこいいと思うのです。こういうおじさん、日本にもっといてほしいな。

2020/12/14

感想・レビューをもっと見る