読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

植民地のアリス (朝日文芸文庫)

植民地のアリス (朝日文芸文庫)

植民地のアリス (朝日文芸文庫)

作家
島田雅彦
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022641113
amazonで購入する

植民地のアリス (朝日文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マーク

日本の離れ島とトルコなどの紀行。視点がユニーク。文章が秀逸なのは当然か。このような本に出会えて幸運。

2013/12/07

tamioar

著者20代の旅エッセイ。なぜにこの人はかくも老成しているのか。あと、解説が辻仁成。

2015/12/07

かたず

「機会があれば、スルタンアフメット地区のユースホステルあたりで何者でもない者のような顔をして暮らしてみよう。イスタンブールは住みつく場所ではなく、万人が一度は通過し、次はどのように生きるか決めるためのトランジットの都市なのかもしれない。」

2011/11/04

感想・レビューをもっと見る