読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日曜日の捜しもの (朝日文庫)

日曜日の捜しもの (朝日文庫)

日曜日の捜しもの (朝日文庫)

作家
白石公子
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022641908
amazonで購入する

日曜日の捜しもの (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんぶん

【図書館】 エッセイが読みたくて借りて来た。 都会に住む妙齢の女性の日常の話。 細々な出来事に、いろいろな解釈をし解決したのか、しないのか・・・解説を読んで「詩人」だと判る、詩人って、いつもこんな事考えているんだと感心したり。 沁みこむように入って来るのだが、客観視している感じ、もっと自分の感性で書いて欲しいな、なんて思ったりして。 でも、静かに一日の終わりを感じられるエッセイです。 お酒の話が無いから、そんなに好きではないのかも、だから、あっけらかんとしたした表現が無いのかも。 独り暮らしの日が暮れる。

2016/12/07

うたたね

この人、鬱なんだなぁ。。。と感じてしまう一冊でした。(汗)

2014/04/26

りょう

石原吉郎の詩に出会えた本。特に「一期」が心に残る。

感想・レビューをもっと見る