読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天皇の影法師 (朝日文庫)

天皇の影法師 (朝日文庫)

天皇の影法師 (朝日文庫)

作家
猪瀬直樹
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022642172
amazonで購入する

天皇の影法師 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tanukiarslonga

森鷗外が晩年元号問題に取り組んでいたたことや天皇の棺を担ぐ八瀬童子のことを初めて知った。読んでいて不思議な感覚に襲われる本。

2012/02/11

やまちゃん

八瀬童子の仕事の特殊性というものが,合法的に日本の文化となって残るような国家でありたいものだ。近代の東京で果たした役務は非常に興味深かった。

2009/12/10

いちはじめ

天皇崩御の朝に新元号を「光文」と誤報した事件の話、大葬において重要な役割を担ってきた八瀬童子の話など、非常に面白かった。

2000/01/03

感想・レビューをもっと見る