読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

内乱の予感 (朝日文庫)

内乱の予感 (朝日文庫)

内乱の予感 (朝日文庫)

作家
島田雅彦
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022642493
amazonで購入する

内乱の予感 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

メタボン

☆☆☆☆あとがきにもあるように20年後を予見した作品。20年後に相当する現在、この作品を読んでも、なかなかにその状況を描いているように感じ面白かった。島田がエンタテイメントの側により踏み込んだとも感じた。軽妙なハードボイルドタッチと言ってよいこの作品は、島田の絶妙な「軽み」のスパイスが効いている。ヒコクミン、千年王国と言うキーワードがニホンを批判しながら肯定しているようで、デビュー作からのテーマである「日本にいながらにして亡命している青二才」を貫いている。そしてその青二才はアマノヒロシに他ならない。

2019/10/11

astrokt2

未レビュー

2009/05/30

感想・レビューをもっと見る