読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

耳部長 (朝日文庫)

耳部長 (朝日文庫)

耳部長 (朝日文庫)

作家
ナンシー関
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022642677
amazonで購入する

耳部長 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

御前田あなた

私ももう年なんだろうか。一度読んだ本をいまこうして購入してしまっている。そうしてさらに途中まで読了したことさえ忘れていた。8月である。わたしは、かわろうとしている。夏なのだ

2009/08/10

ルンルン

「耳」シリーズは、芸能人が発言した一言をとりあげているのですが、とりあげる発言のセンスが良すぎます。おもしろいです。

2017/07/08

笑える本を読も男!

この「耳部長」が連載された時代(97~99年)、特に癇に障るほど活躍していたのは、佐藤藍子とヒロミだろう。今では2人とも根元からぼっきりと翼がもげてしまっているけど、確かに世紀末によく見かけた2人な気がする。

2012/09/02

samehada13

読み終わった日:2001年

コノヒト

1997年から1999年のテレビ界批評。テレビは時代を映す鏡ということで言えば、この本は90年代末の時代の空気が見事に書き出されてあるわけで、当時を知る者にとっては、再販されないのがもったいないと思った。

2015/12/01

感想・レビューをもっと見る