読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

理由 (朝日文庫)

理由 (朝日文庫)

理由 (朝日文庫)

作家
宮部みゆき
出版社
朝日新聞社
発売日
2002-08-01
ISBN
9784022642950
amazonで購入する

理由 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kaizen@名古屋de朝活読書会

朝日文庫で読み始めた。解説 重松清。分量が多いので読み終わらない間に新潮文庫版を読み続けた。解説 池上冬樹。「火車」が好きな人は、「理由」も好きかも知れない。淡々とした語り口が続く。直木賞受賞作。登場人物:田中翔子(城東二中)。片倉信子(城東二中)。片倉義文。石田直純(買受人)。小糸静子、小糸信治(静子の妻)、小糸孝弘(静子の子)。小糸貴子(信治の姉)早川(占有屋)石田由香利(直純の娘)石田直巳(直純の長男)石田幸子(直純の妻旧姓田中)戸田(弁護士)宝井綾子、宝井康隆(綾子弟)八代祐司、宝井睦夫(綾子父)

2013/06/10

chimako

解説で重松清氏も書いているが“磁石が砂鉄を集めるように「事件」は多くの人びとを吸い寄せる”のだ。ルポルタージュのように多くの関係者(直接的にも間接的にも)の今と過去を書き出しながら事件の全容と核心に迫る作者の試みにどっぷりと浸かって最後はページを捲る手が止まらなかった。読みながら腹の立つこともあり、恐ろしくなることもあった。わがままで自分本位な大人と育ち方だけが心を壊した原因ではなかろう青年。家族の在り方。近隣とのコミュニケーションの難しさ。正に今私たちが置かれている場所がここにあった。

2014/12/11

HIRO1970

☆☆☆ まあまあかな。ちと古さを感じる。

2012/09/01

kaoru

これは面白い。殺人事件のルポルタージュの体裁で、幾人もの関係者の話をつなぎ合わせることで、ちょっとずつだけど確実に事件の真相と物語のテーマが明らかになる手法が秀逸。満場一致で直木賞受賞もうなずけます。

2016/08/29

とち

読み終えた直後の充実感、疲労感が半端ないです。タワーマンションの一室で起きた一家四人殺人事件。数十人に及ぶ関係者たちの証言やインタビュー を中心に徐々に真相に迫っていく展開は読み応え十分。さらにその数多くの登場人物たちの生い立ちや背景までじっくりと丁寧に描かれていて、実際に起きた事件のように思えてきます。ある一家の住宅ローンの破綻から始まった悲劇の連鎖。個人的には石田氏に一番同情してしまいました。純粋に子供たちにいい所を見せたかったんだろうなぁと思うと切ない。

2012/12/07

感想・レビューをもっと見る