読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ナバホへの旅 たましいの風景

ナバホへの旅 たましいの風景

ナバホへの旅 たましいの風景

作家
河合隼雄
出版社
朝日新聞社
発売日
2005-07-15
ISBN
9784022643506
amazonで購入する

ナバホへの旅 たましいの風景 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あずき

アメリカ先住民であるナバホ族の祈りの詩に「Walk in Beauty」というのがありずっと私の心の中に残っています。登山などで自然の中に入った時にスッとこの詩が蘇ります。著者は臨床心理学者。ナバホ族の生活、文化を深く知る為に訪れた時の紀行文ですが、紀行文という簡単なものではないような気もします。ナバホ族はアメリカ合衆国の中に「国」を持っていて、その国での生活そのものが宗教であるといいます。自然を愛し、全てのものに感謝をして生きてきた人達。過去の日本にもそういう時代があった事と重なり違和感なく読めました。

2017/07/22

ぱせり

「ナバホとは何か」「君たちはインディアンにも、ネイティブ・アメリカンにも、アメリカ人にもなるな」と子どもたちに話すナバホの小学校の先生の言葉が印象に残っている。私もまた「日本人であるってどういうことなんだろう」と考え続けることの大切さを教えられたような気がしました。

2009/10/09

tmp1731

心理療法の大家、河合隼雄氏が日本人がこの現代をどう生きるのかという課題に取り組むうえでヒントを得るべくナバホを旅する。ナバホでは日常生活全てが宗教性を帯びている。『ナバホの目で見るとき、山も谷も川も、すべてが「たましいの風景」なのであった』という筆者の言葉が印象的であった。メディスンマン、クラン…等興味深いナバホの話の中で、人と人、人の自然の【つながり】の尊さを感じた。その【つながり】を切る強力な欧米文化の中に飲まれぬ為に、日本人は欧米人に対応できる【個の確立】が必須であるとする筆者の警鐘に納得。

2017/01/29

ネコナマズ

河合隼雄さんが好きなのです。この人は人としてバランスがとれている方と思う。はやりのスピリチュアルなのがどうこうとかいうのではなく、ネイティブアメリカンの歴史や医師としての考え方など、読んでて考えされるような話でした。あるものに感謝して生きてゆくというのは本当にすばらしいことだと、もっと以前に気づきたかったよ。

2011/10/01

gontoshi

日本人もなくして来たものを再構築する時期に来ているかもしれないと思います。

2021/07/18

感想・レビューをもっと見る