読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宮尾本 平家物語〈3〉朱雀之巻 (朝日文庫)

宮尾本 平家物語〈3〉朱雀之巻 (朝日文庫)

宮尾本 平家物語〈3〉朱雀之巻 (朝日文庫)

作家
宮尾登美子
出版社
朝日新聞社
発売日
2006-06-01
ISBN
9784022643636
amazonで購入する

宮尾本 平家物語〈3〉朱雀之巻 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

てつ

平家都落ちを経て、物語は佳境へ。四へ。

2017/08/26

ゆうこ

清盛が亡くなり、義経が平泉に行き、頼朝が鎌倉で起ち、そして平家が都を落ちる。一門の大きな柱を失った時、その柱を支えるのではなく、過去の栄光にぶら下がり、いつまでも現実を見ようとしない。それが平家を都から去らす理由のように思う。いよいよ壇ノ浦。どうなることやら。

2016/02/08

よしひろ

上皇ら院の勢力との関わりは避けられない。平家にも暗転の兆しが見えてくる。

2015/12/07

綾月

【蔵書】

2007/06/14

alpha_zero

清盛が亡くなってから積んでたんだけど、大河を機会に続きから。そして滅亡へ…。二位尼御前の「女のネットワーク」がここからどう生きるかが楽しみになってきた。

2012/01/13

感想・レビューをもっと見る