読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

相棒season3下 (朝日文庫)

相棒season3下 (朝日文庫)

相棒season3下 (朝日文庫)

作家
輿水泰弘
碇卯人
出版社
朝日新聞出版
発売日
2008-12-05
ISBN
9784022644671
amazonで購入する Kindle版を購入する

相棒season3下 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)

ご存知の通りドラマのノベライズ。シリーズの中でも名作と言われる時効の陰に隠れた被害者遺族を描いた「ありふれた殺人」など。もう読んでいて脳内再生は水谷豊さんしかありませんね。(笑)★★★+

二分五厘

時効後に罪を告白するも、悔恨の情を見せなかった挙げ句殺された犯人『ありふれた殺人』それでも元犯人の正体を明かせない警察と、被害者遺族の癒えない悲しみが言い知れない余韻を残す。やはり被害者遺族の悲痛な叫びと身勝手な犯人だけどラストが心地好い『予告殺人』。警察組織の中で潰される個人の感情『警官殺し』大河内監察官の言葉がしみる「特命係はまるで奇跡です」。右京さんが古畑ばりに容疑者を追い詰めていく『殺しのピアノ』。あの阿部貴三郎や若杉栄一も再登場しているけど、やはり白眉は浅倉禄郎『大統領の陰謀』まだまだ乞再登場。

2016/04/16

流之助

「薔薇と口紅」、「殺しのピアノ」がお気に入り。右京さんはピアノまで弾けちゃう!素敵すぎますね。じわじわと犯人を追い込んでいく冷徹なところも、趣味に関しては前のめりなところも、とても魅力的。小説ではやや物足りなさを感じますが、右京さんと薫ちゃんがしっかり脳内再生されるのでよしとします。相棒として円熟味をましてゆく好対照なふたり。イイネー。

2015/06/06

再び読書

読みながらドラマを思い出すのですが、実は本以上にドラマは表現が細かい場合も多い。良くできた本はドラマ以上に内容を理解出来るのだが、ノベライズのこれが限界なのかとも思う。調律をテーマした話や、時効を迎えた被害者家族の悲しみを重く感じる話や、テーマや掘り下げ方に感心させられる内容だった。

2012/08/03

十六夜(いざよい)

テレビドラマのノベライズだからかサクサク単調ですぐに読み終わるのが利点。内容も一度ドラマで見ているはずなのに、うろ覚えだったので再確認に良かった。しかしこれ程までに続く作品になるとは、良い意味で予想を裏切られた。

2014/08/05

感想・レビューをもっと見る