読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

朱温 下 (朝日文庫)

朱温 下 (朝日文庫)

朱温 下 (朝日文庫)

作家
仁木英之
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-10-07
ISBN
9784022645203
amazonで購入する Kindle版を購入する

朱温 下 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

巨峰

主人公より敵役の方が格好いい!五代十国の始まりを描いた歴史大長編で人物多数、地名も多数。巻末の地図が殆ど役に立たないのは残念でした。でも歴史物を読んだという満足感はあったな。

2019/04/14

アイゼナハ@灯れ松明の火

いやー、中華は広く英雄は多い!と思わず言いたくなってしまう程の一大乱世絵巻。これほど名前も知らない登場人物が出てきてるのに読みやすく感じるのは、蘊蓄をかまさずにキャラづけをしっかりした上で、物語にのっけてるからかしら?よく噛み砕いてあるなーと感心します(詳しい知識もないのに何故上から目線!?)。朱温には優しい結末のつけ方だったかな、と言いつつ、淮南の楊行密に肩入れしながら読んでた事実は否めない(苦笑)。「俺が助けてやらなきゃ」って部下に思ってもらえるのは幸せだよねー。乱世に謙虚さで地位を保つって立派だわ。

2010/11/01

葉月あき

『夕陽の梨』を読んだときは、この人の「その後」を書くのは難しいだろうなぁと思ったけれど、なかなか。五代を扱った貴重な小説ということで、楽しんだ。とそれにしても、私は晋王陣営が好きすぎる(李克用たちが活躍するたびにひゃっほうとなった)

2009/10/08

wei xian tiang

下巻から読み始めるが、李克用と朱全忠の対立が固定化したところで、違和感なく読み進められた。会話文が現代的で、もう一練りしてほしい所だが、両雄のキャラクターの対照化に成功しておりまずまずの面白さ(もちろん十八史略の下敷きあってのことだが)。

2015/01/20

魔魔男爵

妻が死んで若い頃の恋人にそっくりな女が現れ、朱温は女狂いになりおかしくなる…。部下の妻にも夜這い仕掛ける情けなさ。唐皇帝から帝位を簒奪し朱温の暴走は続く。これは敵側の方にファンが付きそうだな。李克用や楊行密のファンの方が多くなりそうだ。

2009/10/20

感想・レビューをもっと見る