読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪人(上) (朝日文庫)

悪人(上) (朝日文庫)

悪人(上) (朝日文庫)

作家
吉田修一
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-11-06
ISBN
9784022645234
amazonで購入する

悪人(上) (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

吉田修一氏は好きな作家である。本作は先に映画を観ていて、おおよその内容は把握している。映画で祐一役の妻夫木より、光代役の深津絵里より、存在感を放っていたのは佳乃役の満島ひかりだった。不器用な祐一は母親に捨てられ祖父母に育てられる。他人との距離感が掴めず、異性とも上手くいかない。出会い系サイトで佳乃と知り合った祐一はのめり込む。そして事件は起こる。本作は人間の内面の見栄やエゴ、暴力的な感情を質感を持って表現している。べたつく空気感。それぞれの持つ小さな悪意。上巻は一気読み。下巻も楽しみな傑作。

2015/03/04

にいにい

吉田修一さんの3作品目。吉田さんの作品で読友さんの推薦が最も多かった作品。なかなか興味深い。OLの殺人事件で、犯人は捕まっているでも、どんな事件かはこれから語られる。関係者それぞれの詳細が順次語られる。吉田sんの描写は、凄いな。細かな性格付けがなされてる。誰が、「悪人」なのだろう?犯人ではないよいな気もする。みんなが、それぞれ悪人なのかな?下巻を読む喜びが増す上巻だ。

2014/06/23

抹茶モナカ

映画が面白かったので、読みました。芥川賞作家の作品なので、格好良い文章に出会う事を期待していましたが、意外に普通。描写にリアリティーがあったのが、エンタメ系作家との違いだろうか。携帯電話での出会い系サイト利用とか、時代を感じさせるところもありつつ。映画を観るより先に読めば良かったかな、と後悔しました。

2016/05/16

おしゃべりメガネ

映像化もされた作品です。上下巻のボリュームが少なく思えるほど、アッという間に読み終えてしまう素晴らしい作品でした。映像化される前に読了済でしたが、とにかくその陰鬱な世界観が圧巻です。陰鬱さがストレスに感じない、むしろ醍醐味であり、真骨頂なんだろうなと感じました。作者の他の作品も何作か読んでますが、ブッチギリでベストな作品ではないでしょうか。個人的には『女たちは二度~』が好きなのですが、とにかく本作の持つ決して表面化されないアンダーグラウンドな‘負‘のパワーをしっかり感じてほしいです。読後感は悪くないです。

2011/09/10

福岡、佐賀を舞台に若い女性の殺人事件の背景と根底に何があったのかを探るサスペンス。登場人物の誰もがごく一般的な人間であり、悪人には見えないってところや世の中の反応の仕方に、こういう事件が実際に起きた時のようなリアリティを感じた。出会い系サイトでの出会いもまた運命ならば、なんて皮肉なと思ってしまうけれども、すごくじわじわと引き込まれる。映画のほうも観てしまってるので、ついつい人物達の顔や声が映画の配役で脳内再生されてしまうのだけど、邪魔にはならなかった。むしろナイスキャスティングだったなと思う。

2013/09/29

感想・レビューをもっと見る