読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪人(下) (朝日文庫)

悪人(下) (朝日文庫)

悪人(下) (朝日文庫)

作家
吉田修一
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-11-06
ISBN
9784022645241
amazonで購入する

悪人(下) (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

下巻も一気読み。佳男が佳乃の殺害現場を訪れる、佳乃に逢う場面。映画でも良かったが原作でも良かった。佳乃の殺害事件をきっかけに、祐一、光代、祐一の祖母、佳乃の両親がそれぞれの人生を再び歩み始める。本当に人を愛することを知り、少しでも一緒に居たいと望む祐一と光代。佳乃を峠に置き去りにした増尾へ復讐に行く佳男。バスの運転手に励まされ、健康食品の悪徳業者と立ち向かう祖母。増尾は最低だと思う。佳男と増尾の対決「あんた大切な人はおらんね」。祐一の祖母の、祐一の味方であり続ける決意。自分の大切な人達を思い返す。傑作。

2015/03/05

☆ぉりん☆

誰が悪人なのか?誰も悪くない。ラストも予想外で悲しすぎて…。「悪人だったんですよね?一人で舞い上がってただけなんですよね?」そんなことあるはずないのに、ちゃんと愛し合ってたのに、相手を想うが故の行動、理解されないのに…報われないよね。ちゃんと言葉で、態度で、伝えないといけないって感じた。

2011/09/19

にいにい

上下巻一気読みだ。下巻は、殺人事件の真相に触れながら、祐一と光代の純愛的な流れが好きだな。そこに二人の生い立ちや祐一の祖母、母の生い立ちも重なる。下巻を3分の一程度読んだところで、あ、これ、テレビで放映された映画見たんだと思い出した。映画は、それほど印象強くなかったんだ。殺人前後と喫茶店、それに灯台周りのシーンしか思い出さなかった。吉田修一の登場人物の内面に迫る描写が読むことで膨らむ。この作品は、読む方が僕には合っていたんだろうな。「渓谷」が少し上かなけど、これも読む価値が高い作品だった。人の寂しさ。

2014/06/24

抹茶モナカ

大学生の頃に人妻と不倫した挙句駆け落ち騒動を起こした僕自身の青春を読んでいて思い出した。ある点では僕は祐一であり、別の点では光代だったように思う。今でも苦い思い出。小説の方は、逃避行の様子はよく書けていて、感心した。本当の悪人は誰なのか。両方が被害者にはなれない。馬鹿にされたくない。いろいろな気持ちの詰まった小説で、下巻に入って深度が増した。下巻でグッと来た感じ。

2016/05/18

まひはる

福岡への飛行機内で即読了。純粋すぎて読んでいて、心が痛くなった。何とも後味の悪い小説 。

2013/09/06

感想・レビューをもっと見る