読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

死化粧 (朝日文庫)

死化粧 (朝日文庫)

死化粧 (朝日文庫)

作家
渡辺淳一
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-04-07
ISBN
9784022645425
amazonで購入する

死化粧 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

きりだんご

●図書館

2016/10/24

うめ

渡辺作品はエロスのが有名ですが、私は初期のタナトスが好き。収録作品の“プレパラートの翳”18年ぶりに読みました。やっぱりこの美意識、好きです。

2012/10/05

Kate

最初の2話だけ読みましたが、お医者さんってこんなことを考えているんだと言う事がリアルにわかって、怖くなって読むのをやめてしまった。どんな偉い人でも病気の前では1人の弱い人間。 医者は患者が死ぬと知っていても、それを遺族に淡々と告げることは酷で受け入れられないことなので敢えてオブラートに包んで言う、ものなのでしょうか。お医者さんは知識や技術をもつだけではなく、患者やその遺族の気持ちを考えて治療するのが難しそう。

2019/07/03

ゆとりちゃん

初読みの作家さん。元々医師だったらしい。生命倫理?な話が多い。面白かった。プレパラートの翳がお気に入り。

2017/10/09

syusyumu

「霙」が重かった。 私には学力のある息子が2人いますが、もう一人、障害を持って生まれてくることを覚悟してほしいと言われ、生まれてすぐ亡くなった息子がいました。我が子を見ていると、学力が高いことも、障害を持つことも、単なる運でしかないと思います。でもこの世は特に学力が高いと得をするようにできているので、運良く学力を持った我が子に、義務と責任を果たすように常々言い聞かせています。でもどちらかというと学力がある部類に入る私自身、半世紀も生きて未だに義務と責任を果たせていません。亡くなった息子に申し訳ないです。

2017/02/14

感想・レビューをもっと見る