読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

江戸は心意気 (朝日文庫)

江戸は心意気 (朝日文庫)

江戸は心意気 (朝日文庫)

作家
山本一力
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-05-07
ISBN
9784022645456
amazonで購入する Kindle版を購入する

江戸は心意気 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シュラフ

最近 山本一力にはまっている。小説に出てくる男たちの生き様に共感でき、男たちが語る言葉のひとつひとつが自分自身の中に染み入るように入り込んでくる。このエッセイ、山本一力の素顔に触れることができる。深くはは分からないが、相当の苦労人のようである。人生の酸いも甘いも知り尽くしているからこそ、読者の心に訴えかける言葉が出てくる。若い男たちは山本一力を読べきだろう。日本人の生き方の原点とは、男の品格・風格とは、心得違いとは、自分の仕事の本分とは、運をつかむ秘訣とは、これから社会で活躍すべく男の心構えが書いてある。

2014/02/23

なかがわみやこ

最後の短編2編が猫絡みでちょっと幸せ。

2010/05/08

ケニー

小説部分はやっぱり上手いと感じましたね。

2015/03/13

いくちゃん

面白かった。これから山本一力さんを読んでいきたい。

2014/08/17

zuccalove

koboにて。 小説ではなく、細々とした現代と著者の子供時代、江戸時代のさまざまな事柄についての話。 図書館で借りてもよかったかな?

2013/12/23

感想・レビューをもっと見る