読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

殺人予告 (朝日文庫)

殺人予告 (朝日文庫)

殺人予告 (朝日文庫)

作家
安東能明
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-09-07
ISBN
9784022645579
amazonで購入する

殺人予告 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

達ちゃん

読んでる人は少ないですが、ドラマになっただけあってすっごく面白かったです。真実追及に突き進む記者の執念と警察の確執、そしてまさかの真相へ・・・。

2019/04/12

シーズー

記者たちが警察と真っ向勝負とは…。警察がここまで腐ってしまうと、世の中救われない。 麻美の気持ちを思うと…。汚い大人に負けず、自分の決めた道を真っ直ぐに進んで欲しいな。

2018/06/07

そのぼん

タイトル通りの作品でした。服役していた男から殺人予告の電話をうけた記者の目線から話が繰り広げられていました。でも、なんだか作品の世界に入り込めない感じのまま終わってしまいました。予想出来ない感じの展開はよかったと思います。

2011/12/13

あや

警察小説だけど刑事が主人公ではなく、主人公は殺人予告をした前科者を昔取材した記者という設定。面白かったけど、息子にあまあまなのはちょっと嫌だったな~。

2013/09/27

りちゃ

読後感、疲れた。とはいっても、嫌な疲れではなく、やっと、緊張感から解き放たれた感じ。警察相手に、ここまで出来たらスゴイ・・・。後半は、一気に真実が明らかになる。が、記者の家庭の話がなんだか宙ぶらりん。

2015/08/07

感想・レビューをもっと見る