読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おにいちゃんのハナビ (朝日文庫)

おにいちゃんのハナビ (朝日文庫)

おにいちゃんのハナビ (朝日文庫)

作家
小路幸也
西田征史
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-08-06
ISBN
9784022645630
amazonで購入する Kindle版を購入する

おにいちゃんのハナビ (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

相田うえお

★★★★★良かったです。一気読みです。体は弱いけど気持ちは元気な妹をもつ兄が、妹のために花火を。。といった兄妹愛,家族愛と友との友情の話。いや〜感動しました。特に後半からはずーっと目がじーんとしたままで参りました。よって非常に重要な点としてはティッシュの用意です。備えあれば憂い無し。今まで読んだ作品の中で、この作品が一番涙腺の緩るみが激しかったような気がします。絶対に電車内では読んではいけない作品なのでご注意下さい。ウルウルする作品としてはイチオシです。もっと書きたいこと沢山ありますがネタバレになるので。

2016/05/28

紫 綺

映画の脚本をもとに小説化した感動作。やはり病気で人が亡くなる話は、泣けてしまう。自分の闘病期を思い出してしまうからだ。実話から生まれたこの作品、もう少し命の重みが欲しかった。

2012/10/09

ゆみねこ

日本一の花火の町片貝に、病弱な妹ハナの健康のために東京から移住してきた須藤家。中3という微妙な時期の転居に心に屈託を抱えた兄太郎。持病のぜんそくは癒えたのに白血病になったハナ。兄妹、それをかこむ両親や同級生、町の人々。映画をノベライズした本ということですが、花火の情景が目に浮かぶような素敵な1冊です。これも人前で読んではいけませんね~。泣けます。

2014/02/24

湘子

泣けて泣けて仕方なかった。実話を元にした小説だと知ってたから、本当にこんなことがあったなんてと思うたびに切なくなった。映画を先に観て小路幸也さんがノベライズされてることを知り読んだ。だから内容はわかっていたけど泣けて仕方なかった。映画のキャスティングはバッチリだと思うので、本を読んだ方はぜひ映画も(^_^)

2013/06/26

秋製 

実話に基いた話。華は小さいときから病弱な少女だった。兄の太朗は高校受験を控えていたが、妹の為の決断をした両親に気遣ってその意思に従い一家は片貝町に引っ越した。優しいが気弱な太郎は環境の変化を受け止めきれず、自分で殻を作り周りと距離を置いてしまう。漸く持病といえる喘息から開放された華は、退院後に兄の引きこもりを知ることになる。毎年、片貝町は「片貝まつり」という花火を打ち上げる祭りがあるそうです。お祝いや願い、供養や祈りを込めて打ち上げられる花火たち・・・。 この本は、家で読むことをお薦めします。 

2013/06/08

感想・レビューをもっと見る