読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

たすけ鍼 (朝日文庫)

たすけ鍼 (朝日文庫)

たすけ鍼 (朝日文庫)

作家
山本一力
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-10-07
ISBN
9784022645760
amazonで購入する Kindle版を購入する

たすけ鍼 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HIRO1970

⭐️⭐️⭐️⭐️実家借用本。一力さんはまだ5冊目です。毎度ハズレがなく驚きが続いています。本作は正ちゃんの梅安を彷彿とさせる鍼灸師のお話しですが、主人公は殺し屋では無く表社会で真っ当に生きる凄腕鍼灸師で、向かいの凄腕和漢方先生も子供の頃からの同輩で二人揃って辰巳芸者を貰い受けている設定で何とも味のあるお話です。江戸の風情をたっぷり伝える情景描写の素晴らしさが際立っており、見事な一力さんワールドを創り出しています。欲得では無い無償の社会貢献の力が向こう三軒両隣を支えていく筋は見事です。続編は無いのかな?

2016/05/20

ねむねむあくび♪

図書館の本。久しぶりの山本一力さんは、さすがの円熟の面白さ。 回収できていない伏線は気になるけれど(笑)、続編への伏線だったと思いたい。主人公、タフな還暦の鍼灸師 染谷と、周りの登場人物も良かった。

2017/06/24

文庫フリーク@灯れ松明の火

主人公が鍼灸師なので『仕掛人・藤枝梅安』連想。山本一力さんは長男に『剣客商売』から大治郎と命名されたとのこと。池波正太郎さんへのリスペクト小説だろうか。鍼(はり)に灸(きゅう)を加えたのは良い試みに思えるが、えっ?これで終わりなの?が正直な感想。腕の良さからツボ師と呼ばれる還暦の主人公【染谷】と元・辰巳芸者の妻【太郎】娘が現役辰巳芸者の【いまり】と来て、同い年の友人漢方医【昭年】山本ワールドお馴染みの料亭【江戸屋】米問屋【野島屋】・渡世人【卯之吉】柔の心得有る奉公人【草次郎】と役者が揃っているだけに→続く

2010/10/14

百太

鍼ってすごいんですよ。

2017/06/27

TATA

山本一力さん初読み。お江戸人情長屋もの。非常によくできた「ありがち」な話。でもその勧善懲悪なありがち感が心地よくってすーっと入り込めます。これまで時代物は葉室さんや宮部さんを読むことが多かったのですが重々しくない分(特に宮部さんはたまに妖怪が出てきたりとか)、安心して読めました。でもあれ?野田屋はどうなった?

2016/05/04

感想・レビューをもっと見る