読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

役にたたない日々 (朝日文庫)

役にたたない日々 (朝日文庫)

役にたたない日々 (朝日文庫)

作家
佐野洋子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-12-07
ISBN
9784022645883
amazonで購入する Kindle版を購入する

役にたたない日々 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chimako

韓流ドラマにはまった日々。笑えた笑えた。母と同じではないか!春川のナミソム行きましたよ。母は涙を流してた。で、オプションツアーのマイクロバスで一緒になったおばあさんと手なんかつないじゃって。ヨン様の力は偉大でした。他人には役にたたない日々も自分にとっては陶酔の毎日。後で思うと「なんであんなに熱狂したのかわからない」のだけれど。麻雀の日々も良いなぁ。キライな女はバッサリ切って、こんな風に言われたら立つ瀬ないわ~ 読んでるこちらは面白いけど。決して上品とは言えないけれど粗野でも卑しくもない。洋子さん好きです。

2016/06/16

tu-bo@散歩カメラ修行中

久々の佐野洋子さんのエッセイ。伝法な、佐野さんの独特の口語調文体で、老化、世情の変化、病気のこと、友達、家族のことが綴られている。独特のリズムのある文体は、ある種の諦観を持って迫ってくるし、佐野さんの声が聞こえてくるような錯覚を覚える。良くも悪くも一寸の迷いのない物言いは、相変わらず、清々しい。やはり、佐野洋子は、傑物だったなぁと思います。<(_ _)>

2017/06/18

ito

佐野洋子さんの晩年の独り言。最終章に向かって、キレ味がどんどん鋭くなってゆく。病気との闘いの日々かと思ったら、そんな悲惨さはなく自由そのもの。だけど老いることは切なくて淋しくて悲しい。生きることの本質をズバッと言いきる至言の数々。それにしても、佐野さんはよく怒っている。復興大臣や電車で怒っている高齢の方を想い出した。その年齢になったら怒ることはやめられないのかもしれないな、と思いながら読んだ。

2017/05/05

ホークス

佐野洋子さんが晩年7年間に感じたことが書かれている。次第に死に対する意識が強くなっていくのだが、不思議と暗さがないというか、身の回りの諸々に怒ったり嘆いたり忙しい。実際そういうものかもしれないが、過去や見栄に影響される自分を意外と覚めた目で見ている。長い年月を生きること自体が重い荷物であると同時に、慰めでもあることを感じた。突然韓流ドラマにハマって連日見続けた後、同じく突然見なくなってしまうエピソードが出てくる。理屈では割り切れない魅力が語られるのだが、人間の普遍的な病理に迫っている様で興味深かった。

2016/01/03

『100万回生きた猫』が有名だが、エッセイは初めてで、その率直な物言いと言葉の選び方のセンスに驚いた。絵を描く人の文章に共通するのかもしれないが、やわらかくて色っぽくて自由な感じ。自分がいかに凄くてカッコイイか書かれた本や、上から教え諭すような本は多いが、自らの日常を淡々と書いて、こうやって年をとっていくんだと、みんな一緒なんだと安心させてくれる本は少ないのでは。どうやら年をとったからといって悟るわけでも楽になるわけでもないらしい。でも悲観するものでもないのかも。当たり前だから。年取ったらもう一度読もう。

2018/03/31

感想・レビューをもっと見る