読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛しの座敷わらし 下 (朝日文庫)

愛しの座敷わらし 下 (朝日文庫)

愛しの座敷わらし 下 (朝日文庫)

作家
荻原浩
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-05-06
ISBN
9784022646088
amazonで購入する

愛しの座敷わらし 下 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たるき( ´ ▽ ` )ノ

うわー、終わり方が最高!!心から和ませてくれる作品だった♪座敷わらし、ほんとに可愛かったなぁ(*˘︶˘*).。.:*♡小さい子って無条件に可愛くていとおしいね。読むようにすすめてくれた友人に感謝(*^-^*)

2015/06/05

オリーブ子

あっという間に読了。 下巻は座敷わらしの悲しい話と、その前後の家族の姿。 得体の知れないものはなんとなく怖いけど、バックボーンを知ると身近に、愛しく思えるのは妖怪も、人も同じかな。座敷わらし、かわいいし…。 智也が成長と共に座敷わらしを見えなくなってくるのは、嬉しいことだけど切ない。自分に近いから、史子さんの変化は誇らしくて、私もがんばろって思った。ラスト、◎!

2016/08/04

らすかる

読んだあとあったかく幸せな気持ちになってしまった。家族一人一人が悩みを突き抜けて成長してゆく。これも座敷わらしのおかげなのかな?ラストは本当に大満足♪ 私まで福をもらっちゃった感じ。こんな可愛い座敷わらし、うちにもいないかな~。貧乏神ならいそうだけど。 

2017/08/21

はらぺこ

上下巻纏めてオモロかった。上巻に続いて座敷わらしは可愛らしくて好きでした。 でも、下巻はその座敷わらしと同じ位に米子さんが好きになった。笑ったらアカン場面やったけど何かニヤニヤしてしまいましたし、最後の章での澄代との遣り取りや聡子が明かす思い込みも微笑ましくて良かった。 

2012/06/26

choco

そう言えばこのあたりの古い家は、窓際に金平糖や小豆のようなモノをお供えしている。座敷わらし。東北だったんだ。下巻は胸がアツくなるシーンがいっぱい。それぞれが今での自分と向き合い変わろうとする。新しいステップへ上がる。ラストは胸がキューッとなり涙。ぜひ、オススメです。幸せって、思える事が一番のシアワセかもしれない。

2016/10/07

感想・レビューをもっと見る