読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

錯覚 (朝日文庫)

錯覚 (朝日文庫)

錯覚 (朝日文庫)

作家
仙川環
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-05-06
ISBN
9784022646125
amazonで購入する

錯覚 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

事故で失明し、実験段階の人口眼を得た主人公が事件の目撃者に。若干でも目が見えると全く見えないでは大違いだから、その葛藤もわかるよなぁ。

2017/04/28

ジンベエ親分

事故で失礼した女性が人工眼の試験を主治医から提案され、弱視程度の視力を回復する。が、その主治医の転落死亡事故の目撃者となってしまう。その女性の視点と事件を追う刑事の視点でストーリーが進む。登場人物は少ないので「犯人」を推理することは難しくない。が、主人公が絶望から立ち直っていく過程が丁寧に綴られていて、そう長い話ではないのだが一気に読んでしまった。人工眼という現代ではSFになってしまうガジェットが扱われているが、この主人公の「視え方」が興味深い。これ、映像化すれば面白そうな話だと思うんだけどなぁ。

2019/04/30

あっちゃん

事故で視力を失った女性が主人公、医師から特異な人工眼の提供を秘密裏に受け、ボンヤリと視力を取り戻すが、事件の目撃者になってしまう!ミステリーというよりは、視力を失った事による家族、恋人との関係が私的には見所だった!

2015/08/23

kotetsupatapata

星★★☆☆☆ あまり馴染みの無かった医療系ミステリー。会社の同僚から借りて読みました😃 まあ真犯人や殺害に至った動機、事件のトリック等は正直“??”が付きますが、失明から“人工眼”という画期的な発明の実験を経て、婚約者や同じ失明した岩下やかおるとの交流から、ありのままの自分を受け入れて、少し前を歩く様は尊さを感じました

2021/07/03

まつじん

いつもながらの”薄め”の医学ミステリ。目新しい医療技術もミステリも驚くようなものは出てこずにマイルドに仕上がった一冊です。じつは結婚観がメインテーマかと思ったりもします。

2011/06/08

感想・レビューをもっと見る