読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

10ラブ・ストーリーズ (朝日文庫)

10ラブ・ストーリーズ (朝日文庫)

10ラブ・ストーリーズ (朝日文庫)

作家
林真理子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-11-04
ISBN
9784022646347
amazonで購入する

10ラブ・ストーリーズ (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ピロ麻呂

林真理子セレクトのラブストーリー10編☆最初が武者小路実篤「愛と死」。次が伊藤左千夫「野菊の墓」。どちらも泣ける~恋愛もの純文学はいいですね(T_T)そして田辺聖子、小池真理子の数ある作品から選び抜かれたもの。津村節子の「ひめごと」も大人の不倫のドキドキ感が味わえていいヾ(≧∇≦)もう全てが名作♪オススメです!

2017/01/10

あすか

タイトルの通り10編からなるラブストーリー。色んな作家さんの物語が読めた。ハッピーエンドやバッドエンドとは違う、含みをもたせた終わりを迎える話が多かった。瀬戸内寂聴さんの『夏の終わり』は既読。それ以外は初読み作家さんばかりだった。さらっと読みたい時にはいいかも。

2018/01/19

くろにゃんこ

あれま、林真理子編でした(^^ゞそれぞれの短編の後の解説を読むと深く納得してしまいます。向田邦子作品が印象に残り、森瑤子作品になんとも言えない懐かしさを感じた。こういうのも良いものですね。

2012/11/26

ゆう

先日「愛と死」を読んでいたらこの本が見つかって手に取りました。最初の二作品は何度読んでもやはり至高。その他ジョゼと虎と魚たちが個人的に好きになりました。一年ののち、は…バブルだなぁ、という感じがしました。(バブル崩壊後生まれなのに…)

2014/04/26

キーにゃん@絶対ガラケー主義宣言

愛と死 武者小路実篤/野菊の墓 伊藤左千夫/老妓抄 岡本かの子/ジョゼと虎と魚たち 田辺聖子/春爛漫 小池真理子/花の名前 向田邦子/凪の光景 森瑤子/ひめごと 津村節子/夏の終り 瀬戸内寂聴/一年ののち 林真理子/解説 林真理子**小池、津村、林作品は初読。後は大昔(笑)中学生の頃に読んだな。「ジョゼと〜」は大好きだから映画観てなかったけど、解説だと良さげ♪観てみようかな〜

2013/07/31

感想・レビューをもっと見る