読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

徳川の夫人たち 下 <新装版> (朝日文庫)

徳川の夫人たち 下 <新装版> (朝日文庫)

徳川の夫人たち 下 <新装版> (朝日文庫)

作家
吉屋信子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2012-10-05
ISBN
9784022646828
amazonで購入する Kindle版を購入する

徳川の夫人たち 下 <新装版> (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

桐ヶ谷忍

仏教により育まれた潔癖さと純粋さで、初恋を封印し、家光に「おしとねすべり」を申し出る。三代将軍の寵を受けたお万の方の半生を描いた本作、ドラマ「大奥」も面白かったけれど、これはこれで面白い。

2018/09/17

ゆうこ

☆☆ドラマ大奥とかではお万の方の時代とかもやっていたけど、こんな経歴の持ち主だったんだ。とあらためて思った。若干、脚色が強いかな?と思う部分もあったけど、ぜんぜん許容範囲なので続も読んでいきたい。

2013/01/10

Yumikoit

一気読みだなあ。

2016/01/14

みさき@ついった

下巻はとにかくきゅんきゅん! 可愛いお万の方が見られて良かったです。 現代の女の子ならここまで悩まないよなーってことにもすごく深刻に悩んでて、そこにお万の方の清さを感じました~。 しかし気になった点がひとつ。 お万の方をよく思っていない人たちの描写がちょっと極端で、なにもここまで悪者っぽく書かなくてもいいのでは、と思ってしまいました…。 それでも十分面白かったです! 大奥に興味のある方には是非勧めたいです。

2014/08/17

とと

終始お万の方がすごすぎましたね。家光が死んだところは泣けましたね。 将軍も人なんだなって、当たり前かもしれませんが登場人物の人間味あふれるところが素晴らしいです。突き刺す光が白毫にも見紛うお万の方、すごすぎる人生ですね。当たり前かもしれませんが、屋根裏の二処女の頃より文章の流麗さなんかが上がっている気がしましたね。

2014/05/28

感想・レビューをもっと見る