読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吸血鬼ハンター28 D―夜会煉獄 (朝日文庫)

吸血鬼ハンター28 D―夜会煉獄 (朝日文庫)

吸血鬼ハンター28 D―夜会煉獄 (朝日文庫)

作家
菊地秀行
天野喜孝
出版社
朝日新聞出版
発売日
2014-11-20
ISBN
9784022647535
amazonで購入する Kindle版を購入する

吸血鬼ハンター28 D―夜会煉獄 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おかむー

別タイトルながら前作『D―貴族祭』の続編、しかしなんとも色濃く漂うやっつけ感。『もっとがんばりましょう』。前作から引っ張った“転生者”や今作から登場のローランジュ公爵の四天王などの登場人物の結末に使い捨てな印象がぬぐえない。長年この形でやってきているので今更もう方向性を変えられないのだろうけれど、もっと人数を絞ってひとつひとつを掘り下げてほしいところ。アシェットとパダムの関係はほぼスルー同様、ラストのワルツもわずか十行の描写で“美しくせつない”風に見えてそれほど中身が見られなかった。

2015/01/18

DONA

前巻の続編はどうなった!?と思っていたら、題名は違ってもちゃんと続編になっていました。相変わらずかっこ良くてクールなDですが、そろそろ出生の秘密と、結末を迎えても良いのでは??と思ってしまいます。Dの敵になれる吸血鬼は“アレ”しかいないでしょ!!

2015/03/10

作楽

どうしよう。もうちょっと情景とか、言葉を増やして説明が欲しかった一冊。さすがにお疲れなんでしょうか・・・(涙)置いておいて、今回のDはやられるシーンが多かったよ!何度でも立ち上がるけど、きつそうだった・・・。にしても、侯爵夫人はDを・・・そうなの?ラストシーン、Dはなにを考えてたのかな・・・

2015/02/13

中島直人

前巻と間が空き過ぎたのと、登場人物が多過ぎて訳分からない状態となってしまった。あと、5人くらいは登場人物削っても良かったのではないでしょうか。

2014/11/23

眠る山猫屋

完結編。一巻のテイストを思い出した。今回は貴族の旦那よりも、有象無象の刺客たちや転生者たちが、良い具合に登場しては退場していった感じ。ラストワルツは、切なくも美しかったなぁ。

2014/12/15

感想・レビューをもっと見る