読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

七夜物語(中) (朝日文庫)

七夜物語(中) (朝日文庫)

七夜物語(中) (朝日文庫)

作家
川上弘美
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-05-07
ISBN
9784022647788
amazonで購入する Kindle版を購入する

七夜物語(中) (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

クプクプ

主人公の、さよ、が生れる前のさよの両親の恋愛が描かれていて、ほろ苦い気持ちになりました。イキモノはモノを乱暴に扱うという描写とモノにも感情があるという表現がありました。川上ワールドが成功している作品だと思います。下巻につづきます。

2021/05/07

shizuka

表向きは、さよと仄田くんの「冒険譚」なんだけどなんかちょっと違う。敵(?)が地味だからかな。文房具たちと闘うシーン、武器はスモールライト的なものだし。だから、そういう点では全然ハラハラしないし、ドキドキもしない。けれど。敵のボスである「ウバ」としっかり話し合い、意味や意義を考えるよう促されるのはよかった。「モノ」と「イキモノ」の違い。心とはなにか。そこを踏まえてなぜ闘うのかなど。読んでいるうちに自然と「自立心」が育まれていきそうな感じ。わたしはとっくに子供じゃなくなっているけれど、結構考えちゃったもん!

2016/08/14

絹恵

大人になるということは子どもだったことを振り切りながら忘れていくようです。そして、答えられない問いを心に積み重ねて、時間を、涙を、愛を、押し流してしまいます。自分自身の知らない感情が疼きだして、止められなくなる自分を怖れてしまうけれど、苦しみになかの理解を見い出して、私の知らないあなたを教えてくれて、ありがとう夜の世界。

2015/05/24

エンリケ

二人の子供達は夜の世界に行くのもだいぶ慣れて来た様子。でもそこで体験する不思議な出来事は意外に過酷だ。自分の内面の醜い部分を認識させられたり、難しい決断を迫られたりする。これは長閑なだけの童話では無い。そんな体験を経て、少しずつ子供達は成長していく。素直で純情な彼らを応援せずにはいられない。徐々に明らかになる異変。それは夜の世界の事だけなのだろうか?かなり深い作者の意図が垣間見られた中巻。でもまだお話の終着点は全くわからない。続けて下巻へ。

2017/02/15

佐島楓

さよが求めているものとは。仄田くんが願うものとは。ひとはどうすれば満たされるのだろう。幼い私は、どうだっただろうか・・・。いろいろなことを考えながら、読む。下巻へ。

2015/06/26

感想・レビューをもっと見る