読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吸血鬼ハンター29 D―ひねくれた貴公子 (朝日文庫)

吸血鬼ハンター29 D―ひねくれた貴公子 (朝日文庫)

吸血鬼ハンター29 D―ひねくれた貴公子 (朝日文庫)

作家
菊地秀行
天野喜孝
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-05-20
ISBN
9784022647801
amazonで購入する Kindle版を購入する

吸血鬼ハンター29 D―ひねくれた貴公子 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おかむー

マンネリ感の漂う「D」シリーズではあるが、たまにこういう光る作品が混じるからチェックしないワケにもいかないんだなぁ。『よくできました』。ダンピールの少年・エドワードが父である貴族・ギャラリード公爵のもとに向かう旅に同行することとなったD、Dはギャラリードを倒す依頼も受けていた。尊大な態度で意地をはりつつも、人としても貴族としても半端でヘタレなエドワードが物語の軸の割に全体にはおざなりな扱いだけれど、ラストの彼の選択とその後のエピローグが物悲しくも印象的な読後感。しかしこのタイトルは安直すぎると思う(笑)

2015/05/21

眠る山猫屋

積んでるうちに新刊が・・・。今回はラスト数ページが白眉。父親が幻体使いだったからって訳じゃないだろうけれど、影絵のように消えていったエドワードが切ない。そこしか居場所がなかったんだよね、小さいのに。

2016/02/11

しゃお

最近のDの物語の中でも出色の出来じゃないでしょうか。ダンピールの少年エドワードを核として、喜びや悲哀が鮮やかに描かれています。戦いの場面も今回は割とすっきりしているだけに、より物語に没頭できました。貴族として生きようと決意していたエドワードが選択した未来は果たして実に切ない。そしてその後に描かれるエピソードがより切なさを増させるのと同時に、どこか光が射しているようにも見えて、いつまでも余韻に浸れそうでした。Dの敵となる貴族たちから語られたある事実も、ほんの少しDの秘密に迫っているのも良かったです。

2015/05/23

作楽

エドワードは可愛いかったですね! 子供らしい・・・。アリスの愛情もよかった。最近は、ピンチが多くて、何気に吸血してる・・・。しかも優しい。 ラストはすごくよかったですね。哀切が胸を浸します。次も楽しみだ。

2015/10/21

グリンタ

神祖絡みはいつも通りであったが、シリーズ初期のような 良作と思料。ストーリーの分かりやすさ、キャラの出来、そして 哀愁感あるエンディングと久しぶりに荒廃した世界観を味わうことができました。そしてあとがきを読み、今後に期待しないではいられない。

2015/07/28

感想・レビューをもっと見る